2008年02月11日

晴海とばちすた。

晴海でトキュってまいりました。

最近にしては結構な暖かさに寒さを舐めて、カイロなしで挑みましたら
寒くてたまらなかったので、ぱぱぱっと写真を撮り
そそくさと有楽町までもどって、映画みてきた!

『チームバチスタの栄光』

映画はまあ下の感想どおりの感じだったけど、本はどうなんだろうなあ…
面白かったんだよ…ね?っていう感じなんですが。
このミス1位だったんだよなあ…ううむ。
とりあえず読んでみます。本は家にあるはず。何故か下巻だけキッチンで発見した(笑)

さてーこの後は『KIDS』と『L』と…何かもう1本ぐらいあった気がする…
忙しい時期に立て続けに見たい映画が出てきたので、何とか時間をつくって
見に行きたいと思います。
っていうか家で映画を見る習慣がないので、映画館にでも行かない限り見ないというね…

レンタルするなら、もうDVDを買うよという感じです。
とりあえず今年はデスノとキサラギを買う。どっちも劇場で見てますが、最近の邦画で
繰り返しみたいというレベルに達したのはこの2本でした。

キサラギのが断然面白いけどね。







というわけで感想。

私は1800円で観賞。まあまあ面白かったと思うけど(笑えたし)
定価では高いなと思った。


笑いの部分もネタとしては面白かったし、色々考えさせられるところではあったけど
結局この映画ってどこを重点的に見せたかったのかがよくわからなかった…
うむー…(-公ー)

あのひとの根本的な理由とか、それに付随するものとかそれを一番に見せたいのか
結局のところの、あのひとの理由を一番に見せたいのか…
全部なんだろうけど、どっちもその回答シーンで盛り上がりに欠けて
平坦な印象を受けちゃったから、最後グダグタ…という感じがした。

最後に田口が患者に励まされていたところとかは良かったかなあと思うんだけど
何ともかんとも。
小説ならもっとちゃんと描けてるんだろうな。尺とか関係ないし。
ギャグとシリアスのテンションが一緒なのがいけないんだろうな。。。

折角いい役者が揃ってて、原作も面白いんだろうからなんともこれは演出ミスかな…
という感じがしました。
もったいないなー

つーかこれ…主役を男から女に変えた意味ってあったのかな?
絵面の問題?

逆に男のままの方が面白かったような気がするんだけど。
ガリレオの時もそうだけど、男男の組み合わせってあんまよくないのかね?
ガリレオは月9だったっていうのもあるの…かな。

同姓だからこその面白さってあると思うんだけど。
別にそっちが好きだからっていうのじゃなくてね。

でも相棒とかもあるしねえ。なんだろう。何で男じゃダメだったんだろう。


posted by コタロウ at 00:00| イベント(コス)。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。