2010年05月08日

今さらながら。

はてさて。

この間友達とも語っていて、ちょっと自分の考えがハッキリしてきたので
ちょっとまとめてみようかと。
ここにつらつら書いているのは、あくまで私の妄想であり、覚書です。
私が思う、彼。ということでよろしくお願いします^^

まあ、書くきっかけは友達とのおしゃべり+同人で描かれている彼と
私の中に描いていた彼とのイメージに結構溝があったからなわけで。
比較的友達のイメージと私のイメージが近かったというのもあり
まとまったという方が正しい。
ので、そんな妄想話に付き合ってくれたNちゃん、どーもありがとでしたwww
(スパコミ前にすまんかったねー)


というわけで、気になる人だけどうぞ。
DRRRR!主にし/ずい/ざの人たちの話題です。
あ、他キャラはおまけ程度w
あと、ネタばれはしてないと思うけど原作7巻既読済の方がよいかもね☆
(アニメはどちらでも。でもアニメで改めて認識した感じです)











DRRの登場人物は多かれ少なかれ、いかれた人が多いなという印象ですが
私の中で臨也は、人間が好きな『一般人』です。
逆に静ちゃんは『非日常者』です。

静ちゃんは、まともでありたいと思っている『非日常者』。
でも、考え方とかは比較的大人だし、まともであると思っているし、本人もそう思っている。
(周りがそう思ってるかどうかはここではあまり関係ないけど、
おそらく周りも『非日常者』と認識)

でも、臨也は周りからは『非日常者』と思われているけど
自分の深層心理とか皮下意識で『一般人』ということが分かっているけど
気づかないふりをしている『非日常者』…という感じ。
(そうであることを、無意識に否定してるというか、自分でもまだ気づいてない程度のレベル)

帝人より誰より、『非日常者』であることを恐れているのは臨也だと思ってる。
だから、情報屋なんかやってるんじゃないかと思うんだよね。
情報を掌握することがみんなの動きをつかむのに一番効率のよい方法だと思うし。
実際、彼にはそれしか向いていないということもあるけれど。
みんなに置いていかれたくないから、必死に『非日常』であろうとするために
情報を掌握している…というかそんな感じ?
入院の件とか読んでもそう思えるしね。

まあ実際ほら、鍋パーティに呼ばれずに拗ねてたりしてるわけですしwwwww


原作7巻まで読んだ限り、臨也が一番歪んではいるけど
一番普通の人だなあと思ったんだよね。
感情とか動きとか、そういったこと含めて。

狩沢はまだあんまりその手の活躍がないけれど、遊馬崎とかも結構ヤバいしねぇ…
(遊馬崎大好きですけども!)

帝人は、普通だと思っていた自分の殻を気づかずに破りそうなそんな感じ。
まあ一番ヤバいのは美香と帝人だろうなと思います。
ほかもやばいけどねw


臨也は性格がいいとは到底思いません(笑)
歪んだ性格の人だなあとは思うけど、歪んだ心の普通の人と何ら変わりない。

だから私は臨也が好きなんだろうなあと思ってみたり。


人は、自分にないものに憧れるからね。

だから、臨也は静ちゃんに執着するのかなあと思ったのが私のシズイザ論ですwwww
えっ行きつくところはそこなの?って感じですけど

そこです。
腐った人の宿命だよねー★ミ

以上、まとまらないままおわる!!

あ、ドタチンは本当に、あの世界で一番まともだと思います(笑)
デュラの良心。

まああれだ。
多かれ少なかれ、DRRの登場人物の異常さは、過大表現してるけど誰しもが持ってる感情だよね。

ないものにあこがれること、しかり。


posted by コタロウ at 01:45| 萌え語り。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。