2008年06月21日

マジックアワーと休日。

朝から忙しく動いてました。

100均⇒シ○ムラ⇒映画

14時の回のマジックアワーが見たかったので、それに間に合うように動いたのは良かったけど
忙しかった…
そのおかげか14時のマジックアワーには余裕で間に合ったけど
席が前から4列目というありえない場所だったので、次の15時からのに変更。
一番後ろでありがたい〜とか思ってたんだけど、隣のおばさんが煩くてたまらなかった。
ここ1年ぐらいTOHOで見ると大概、迷惑な人に当たる率が高いです。
勘弁してくれ。

っていうかマナーが守れないのなら映画館に来るなー!!

感想は、折りたたみます。
個人的にはもう1回ぐらい劇場で見たいかな。








映画は、凄く面白かった。
笑いっぱなしだった(笑)

有頂天をちゃんと見てないのでそっちとの比較は出来ないし
笑いの大学は元が舞台のものなので、比較対象としてはムリなんだけど
それら(笑いの大学・みんなのいえ)と比較すると、
マジックアワーは、多分、映画用の作品なんだなあと思った。

設定とかはありえない!と思うようなところ沢山あったけど
あの街自体がリアリティのない、ちょっと浮世離れした街だったので
それはそれで、むしろアリだなと思った。
小ネタとか、台詞の言い回しや勘違い、ボタンの欠け違いというコメディが
スルスルーっと絡み合って、いやみにならない笑いがよかったです。

あと、昨今多い下ネタや、身体的特徴をネタにするような(デブとかハゲとか)ことなく
笑いが取れるというのはやっぱりいいなと思ったよ。
正直それでしか笑いが取れないということは、笑いとしては2流以下だと思うので。
(映画に限らずお笑いも)

まーでも、笑いの大学とかに比べて、伝えたかったもの…というのが
ちょっとぼんやりはしてたかな?
多分、最後の高瀬と村田の台詞がそうだったんだと思うけど。

星は4つに近い3.9!


私の好みですので、あしからず。





posted by コタロウ at 00:00| 映画・観劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。